ことばの対照

ことばの対照

岸本秀樹[編]

価格
4,200円+税
ISBN
978-4-87424-467-8 C3080
発売日
2010/2/10
判型
A5
ページ数
368頁
ジャンル
言語学 ― 言語学専門
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス

西光義弘氏のライフワークである「ことばの対照」をテーマとした論文集。文体論、類型論、音韻論、文法論、英語教育などの各分野から、第一線の研究者による論文24編を収録。言語の対照研究が持つ広がりと可能性を示す。

関連情報

目次
序 論



言語の対照研究について (西光義弘)



第1部 ことばの体系性をめぐって



“行く・来る”を含む連続動詞構文 ―日本手話/日本語対照研究― (今里典子)

「……屋」のアクセント (角道正佳)

日英語の主語の構造位置に関する考察 (岸本秀樹)

ネワール語と日本語のテンス・アスペクトの対照研究 (桐生和幸)

Scalar Implicatures Revisited  (Chungmin Lee)

与格主語構文の広がりと他動性 (眞野美穂)

英語反義語における「反義語らしさ」の決定要因 (松本 曜)

ネワール語におけるConjunctと証拠性 (松瀬育子)

モダリティの意味論は可能か? ―日本語,英語,中国語の対照的真理値研究― (水口志乃扶)

初期近代英語期における強意副詞 ―PPCEMEのE1期(1500-1570年)を対象に― (西村秀夫)

From Clause-combining to Discourse Structuring:The Case of Adversative Constructions in Russian (with Some Reference to Japanese) (Vera Podlesskaya)

非意図的な出来事における他動詞使用と責任意識 ―日本語・韓国語・マラーティー語の実態調査を通じて― (吉成祐子,プラシャント・パルデシ,鄭聖汝)



第2部 ことばとその周辺



タイ人日本語学習者による「けど」の習得について  ―モダリティ表現としての「けど」― (夫 明美)

第2言語リーディングにおける第2言語知識と第1言語リーディング能力 (池野 修)

日本人英語学習者による中間言語の語彙運用―学習者コーパスCEEAUSを用いた多層的対照中間言語分析― (石川慎一郎)

トイウによる連体修飾節を含む引用構文について ―話し言葉としての国会会議録を対象に― (金城由美子)

人はなぜ交感的言語使用を必要とするのか (久保 進)

アルファベット頭文字語のアクセントと音節構造―東京,大阪,鹿児島3方言の比較― (窪薗晴夫,福井美佐)

Stylized Intonation in Recordings of Poetry: Comparing Yeats and Pound (Lawrence Schourup)

出現,存在,消滅の動詞をめぐって (新里瑠美子)

借用語音韻論の諸相 (田端敏幸)

Grammar for Second Language Learning:Linguistic Studies’ Contribution to Education (Mariko Udo)

外的表象と移動表現の観点について ―参照点の観点より― (馬田一郎,片桐恭弘,下嶋 篤)

言文一致について―西洋言語との接触による日本語への影響― (渡部眞一郎)

著者紹介