私も「移動する子ども」だった

私も「移動する子ども」だった

異なる言語の間で育った子どもたちのライフストーリー

川上郁雄[著]

価格
1,400円+税
ISBN
978-4-87424-474-6 C0037
発売日
2010/5/1
判型
四六
ページ数
224頁
ジャンル
日本語教育 ― 日本語教師参考書
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス

国際化に伴い日本でもその数が急増している「移動」する(国境を越えて育つ・複数の言語の中で育つ)子どもたち。現在各方面で活躍する「移動する子ども」だった大人達が、自身の心の軌跡を惜しみなく語る対談集。

関連情報
【書評・紹介】
早稲田大学大学院日本語教育研究科 川上郁雄研究室WEBサイトに書評が掲載されました。
http://gsjal.jp/kawakami/metoo_review.html
目次
第一部 幼少の頃、日本国外で暮らし、日本に来た「移動する子どもたち」

1 セインカミュ(マルチ・タレント)

  「外人」と呼ばれて、外人訛りのない日本語で返そうと思った

2 一青妙(女優・歯科医師)

  台湾で中国語を話し、自分は台湾人と思っていた

3 華恵(作家)

  ニューヨークで英語の本を読みふけっていた

4 白倉キッサダー(社会人野球選手)

  長野に着いたとき、「タイ語、禁止」と言われた

5・6 響彬斗&響一真(大衆演芸一座)

ブラジルで日本舞踊、和太鼓、三味線、歌を習っていた



第二部 幼少の頃から日本で暮らし、複数の言語の中で成長した「移動する子どもたち」

7 コウケンテツ(料理研究家)

  大阪で生まれ、大人が韓国語交じりの日本語を話すのを不思議に思った

8 フィフィ(タレント)

  名古屋で育ち、アラビア語を話さなくなった

9 長谷川 アーリア ジャスール(プロサッカー選手)

埼玉で生まれ、イラン語を「使えないハーフ」と語った

10 NAM(音楽家・ラッパー)

  神戸で生まれ、「ベトナム語は話さんといて」と親に言った



終章 川上郁雄

  「移動する子ども」だった大人たちからのメッセージ

あとがき

著者紹介
川上郁雄(かわかみ・いくお)

早稲田大学大学院日本語教育研究科・教授

専門:日本語教育、文化人類学

1990年大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得。博士(文学)。オーストラリア・クイーンズランド州教育省日本語教育アドバイザー、宮城教育大学助教授・教授などを経て2003年より現職。国籍や言語や生活世界などにおいて、多様な背景をもつ子どもたちの「ことばの教育」(「移動する子ども」学)について研究を行っている。文部科学省「JSLカリキュラム」開発委員、同省「定住外国人の子どもの教育等に関する政策懇談会」委員。

編著書に『「移動する子どもたち」と日本語教育:日本語を母語としない子どもへのことばの教育を考える』『「移動する子どもたち」の考える力とリテラシー:主体性の年少者日本語教育学』『海の向こうの「移動する子どもたち」と日本語教育:動態性の年少者日本語教育学』(ともに明石書店)など。