日中理論言語学の新展望1 統語構造

日中理論言語学の新展望1 統語構造

影山太郎/沈力[編]

価格
3,200円+税
ISBN
978-4-87424-540-8 C3080
発売日
2011/12/1
判型
A5
ページ数
240頁
ジャンル
言語学 ― <日中理論言語学の新展望>
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス

これまでほとんどなされてこなかった日本と中国の理論言語学者の交流から生まれた、両国を包括した理論言語学研究の新しい展望を拓いた論文集。一般言語学にも寄与し得る学術的提言を行うことを目指した、最新の研究成果がここに。


<日中理論言語学の新展望>
■影山太郎/沈力 編
日本語と中国語というアジアの2大言語の観点・・・(全文を読む)から一般言語学に寄与し得る学術的提言を行うことを目指し、また日中両国の研究者の交流を促進するという社会的な目的ももって編まれた論文集のシリーズ。全3巻(完結)。

関連情報

目次
1. 間接受身文の事象と統語構造について
  星 英仁

2. 壁塗り構文と視点の転換
  岸本秀樹

3. 心理副詞の修飾構造
  伊藤さとみ

4. 副詞と主語の語順から見た中国語節左方周縁部の階層構造
? 猛・小泉政利

5. 補語形成のパラメータ化
  林宗宏

6. 文法と語用のインターフェースから見た中国語疑問詞の非典型的用法
蔡?天

7. 結果補語小節の分析と小節の内部構造
  沈 ?・Rint Sybesma

8. 中国語の残留目的語構文の統語生成メカニズム
潘海?・?景泉

9. 語彙論,統語論,情報構造における中国語自動詞の項
胡建?
著者紹介
影山太郎(国立国語研究所所長,関西学院大学名誉教授)

沈 力(同志社大学文化情報学部教授)