日英対照 英語学の基礎

日英対照 英語学の基礎

三原健一/高見健一[編]

価格
1,800円+税
ISBN
978-4-87424-600-9 C1080
発売日
2013/11/7
判型
A5
ページ数
224頁
ジャンル
言語学 ― 英語学入門
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス

母語である日本語と対照することで英語への理解をより深めることができる。初学者にも理解できる平易な内容にし、分量も各章30ページ以内とセメスター制に対応。各章に設問・Further Reading掲載。

関連情報
【教授資料・解答】
ご採用の先生用の解答があります。
ご希望の方は下記からお問い合わせください。
http://www.9640.jp/textbook/desk-copy/
目次
第1章 音韻論  窪薗晴夫
1. 母音と母音体系
2. 子音と子音体系
3. 形態音素交替
4. 音節とモーラ
5. アクセント
6. 文アクセントとイントネーション
7. リズム

第2章 形態論  竝木崇康
1. 形態論とは
2. 派生形態論の主な仕組み
3. 派生形態論のその他の仕組み
4. 派生と複合に課される一般的な条件
5. 複合名詞の意味について

第3章 統語論 生成文法  三原健一
1. 句構造
2. 名詞句
3. 移動
4. 生成文法の企て

第4章 統語論 機能的構文論  高見健一
1. はじめに
2. 文の情報構造
3. 視点

第5章 語彙意味論  小野尚之
1. 語の意味
2. 意味関係
3. 多義
4. 名詞の意味:可算と不可算
5. 動詞の意味

第6章 認知意味論  杉本孝司
1. 認知言語学
2. カテゴリー化とプロトタイプ
3. メトニミー
4. 語の意味
5. 抽象概念とメタファー
6. 事態の解釈
7. 概念融合

第7章 語用論  吉村あき子
1. 語用論という領域
2. 発話の論理形式
3. 表意
4. 推意
5. 概念的情報を持つ表現
6. 手続き的情報を持つ表現
7. 記述的使用と帰属的使用
8. 日英比較

索引
執筆者紹介

著者紹介