海外の日本語教育の現状

海外の日本語教育の現状

2012年度 日本語教育機関調査より

国際交流基金[著]

価格
2,000円+税
ISBN
978-4-87424-608-5 C3002
発売日
2013/12/1
判型
A4
ページ数
192頁 + CD-ROM 1枚
ジャンル
日本語教育 ― <海外の日本語教育の現状>
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス

世界でどのくらいの人が日本語を学習しているか? 急激に日本語教育人口が増えた国、減った国は? 日本語教育・海外ビジネスに携わる方が知っておきたい動向を、緻密な分析とともに解説。加工可能な統計資料のエクセルデータ付。


<海外の日本語教育の現状>
■国際交流基金
日本語教育・海外ビジネスに携わる人が知っておきたい動向を、緻密な・・・(全文を読む)分析とともに解説。2012年度に国際交流基金が行った調査結果をまとめたレポート。本冊のほか、概要版と概要・英訳版を刊行。

関連情報

目次
本調査について
 1.調査実施概要
  (1)調査目的
  (2)調査対象
  (3)調査期間
  (4)調査内容
  (5)調査方法
 2.本調査における用語定義および表記方法
  (1)本書で使用する地域の分類配列、国・<地域>の名称と配列
  (2)本文中で使用する用語について
 3.付属のCD-ROMについて

第1章 調査の主要結果
 1.全体概況
 2.地域別の概況
 3.教育段階別の概況
 4.教師の概況

第2章 地域別に見た日本語教育
 1.東アジア
  中国
  韓国
  台湾
  香港
 2.東南アジア
  インドネシア
  タイ
  ベトナム
  マレーシア
  フィリピン
  シンガポール
 3.南アジア
  インド
 4.大洋州
  オーストラりア
  二ユージーランド
 5.北米
  米国
  力ナダ
 6.中米
  メキシコ
 7.南米
  ブラジル
 8.西欧
  フランス
  英国
  ドイツ
  イタリア
  スペイン
 9.中央アジア
  ウズベキスタン
 10.東欧
  ロシア
  ハンガリー
 11.中東
  トルコ
  サウジアラビア
 12.北アフリ力
  エジプト
 13.アフリ力
  ケ二ア

第3章 教育段階別の日本語教育
 1.全体概況
  (1)全体概況
  (2)複数段階教育の概況
 2.初等教育
  (1)機関数・教師数・学習者数の推移
  (2)地域別の状況
  (3)国・<地域>別の状況
  (4)機関の設置主体
  (5)履修の位置付け
  (6)日本語母語教師の状況
  (7)日本語学習の目的
  (8)日本語教育上の問題点
 3.中等教育
  (1)機関数・教師数・学習者数の推移
  (2)地域別の状況
  (3)国・<地域>別の状況
  (4)機関の設置主体
  (5)履修の位置付け
  (6)日本語母語教師の状況
  (7)日本語学習の目的
  (8)日本語教育上の問題点
 4.高等教育
  (1)機関数・教師数・学習者数の推移
  (2)地域別の状況
  (3)国・<地域>別の状況
  (4)機関の設置主体
  (5)履修の位置付け
  (6)学位授与の状況
  (7)日本語母語教師の状況
  (8)日本語学習の目的
  (9)日本語教育上の問題点
 5.学校教育以外
  (1)機関数・教師数・学習者数の推移
  (2)地域別の状況
  (3)国・<地域>別の状況
  (4)機関の設置主体
  (5)学習者構成
  (6)日本語母語教師の状況
  (7)日本語学習の目的
  (8)日本語教育上の問題点

総括表
調査票サンプル

著者紹介