日本語文法 16巻2号

日本語文法 16巻2号

日本語文法学会[編集・発行]

価格
3,500円+税
ISBN
978-4-87424-710-5 C3381
発売日
2016/10/14
判型
A5
ページ数
206頁
ジャンル
日本語学 ― <日本語文法>
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス

特集「関連領域から照射した現代語文法」収録。定延利之/小木曽智信/影山太郎/川口義一/ニック・キャンベル/佐野由紀子/白岩広行・平塚雄亮・酒井雅史/井戸美里/安祥希/古澤純/山森良枝/森山由紀子/前田直子


<日本語文法>
■日本語文法学会 編集・発行
日本語文法研究の進展と研究者の育成を図ることを目的として・・・(全文を読む)2000年に発足した日本語文法学会の学会誌。3月末と9月末の年2回刊行(継続中)。学術機関向けの電子書籍版も販売中。

関連情報

目次
【特集論文】
日本語文法研究と関連領域との協働:或る音声言語研究を例に
定延 利之

自然言語処理から照射した現代日本語文法:統計的機械学習と「文法」
小木曽 智信

対照言語学から照射した現代日本語文法:名詞抱合と言語類型
影山 太郎

日本語教育から照射した現代日本語文法:初級文法指導の問題点をふまえて
川口 義一

Modern Japanese Speech Grammar from the Viewpoint of
Conversational Robotics
Nick CAMPBELL

【研究論文】
「多い」の使用条件について
佐野 由紀子

繋辞生起の方言差
白岩 広行・平塚 雄亮・酒井 雅史

いわゆる定性効果から見たとりたて詞ダケ,シカの前提集合
井戸 美里

現代日本語における並立助詞「に」の3用法
安 祥希

【研究ノート】
接客場面におけるデス文の使用条件
古澤 純

【書評論文】
武内道子著『手続き的意味論―談話連結語の意味論と語用論―』
山森 良枝

永田高志著『対称詞体系の歴史的研究』
森山 由紀子

中俣尚己著『日本語並列表現の体系』
前田 直子

著者紹介