ディスコース分析の実践

新刊

ディスコース分析の実践

メディアが作る「現実」を明らかにする

石上文正/高木佐知子[編著] 稲永知世/相田洋明/冨成絢子/仲西恭子[著]

価格
2,700円+税
ISBN
978-4-87424-711-2 C3081
発売日
2016/11/20
判型
A5
ページ数
224頁
ジャンル
言語学 ― 社会言語学専門
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス

様々なメディアがことばを用いて構築している「現実」が、いかなる姿をしているのかを、批判的談話(ディスコース)分析の手法、とくにフェアクラフの理論を用いて明らかにしようとする試み。『ディスコースを分析する』の実践編。

関連情報

目次
ミステリー小説をフェアクラフ理論によってメタ分析する
(石上文正)
企業のウェブページにおける批判的談話分析
(高木佐知子)
New York Timesの英日Royal Baby誕生報道記事の比較
(相田洋明)
豪紙The Ageの社説に見られる説得戦術
(仲西恭子)
五輪サッカー報道にみられるジェンダーとナショナリズム
(冨成絢子)
社説記事では少子化「問題」がどのように語られているのか
(稲永知世)
高校の英語教科書をディスコース分析する
(石上文正)
著者紹介
石上 文正(いしがみ ふみまさ) 編者
人間環境大学名誉教授。専門は社会・文化環境論、メディア英語。

稲永 知世(いねなが ともよ)
佛教大学文学部特別任用教員(講師)。専門は談話研究・社会言語学。

相田 洋明(そうだ ひろあき)
大阪府立大学教授。専門はアメリカ文学・メディア英語学。

高木 佐知子(たかぎ さちこ) 編者
大阪府立大学教授。専門は談話研究・社会言語学。

冨成 絢子(とみなり あやこ) 
北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院准教授。専門はジェンダーと言語の関係、批判的ディスコース分析。

仲西 恭子(なかにし きょうこ)
同志社大学・関西外国語大学講師(非)。専門は談話研究、通訳・翻訳。