学会・研究会情報(小社出展)

東京言語研究所 開設50周年セミナー

日時: 2016年9月3日(土)~2016年9月4日(日)
場所: 国立オリンピック記念青少年総合センター

■9月3日(土)場所:カルチャー棟 小ホール

テーマ:日本語はどのような言語か ―内から見た日本語,外から見た日本語

13:00-16:25
 影山太郎(国立国語研究所)
  複合語の小宇宙から日本語文法の大宇宙を探る
 ホイットマン・ジョン(コーネル大学/使用言語:日本語)
  日本語とその類型論的親戚 
 高見健一(学習院大学)
  「話し手」考慮の重要性と日本語-「~ている」と「~てある」表現を中心に-

16:40-18:10  記念講演
 林 望(作家/国文学者) 
  日本語の形と音と意味をめぐって―書物と文字と文学の現場から

18:30-20:30 
 レセプション  場所:国際交流棟 レセプションホール

■9月4日(日)場所:センター棟 セミナー室102号室

テーマ:ことばの科学 ―将来への課題

10:00-16:10
 窪薗晴夫(国立国語研究所)
  音韻論の課題―日本語音声の研究を中心に
 三宅知宏(大阪大学)
  日本語学の課題―「記述」と「理論」の壁を越えて―
 嶋田珠巳(明海大学)
  社会言語学の課題―ことばの選択を考える
 髙橋将一(青山学院大学)
  生成文法の課題―人間の言語知識の解明に向けて
 大堀壽夫(東京大学)  
  認知言語学の課題―文化解釈の沃野

○統括コメント
 ・上野善道(東京大学名誉教授)
 ・大津由紀雄(明海大学教授)

■参加費:記念講演のみ2000円/9月3日のみ4500円/9月4日のみ4000円/両日8000円
  その他:学生・協賛・後援学会割引(両日参加者のみ適用)7000円
  レセプション:一般5000円/学生4000円

事前申込制です。詳しくは東京言語研究所ホームページをご覧ください。