学会・研究会情報

ワークショップ/シンポジウム「言語の多様性はなぜ必要か」

日時: 2017年1月22日(日)
場所: 慶應義塾大学三田キャンパス西校舎527教室

■日時:2017年1月22日(日)
 ワークショップ:10:30-12:30/シンポジウム:14:00-17:00

■会場:慶應義塾大学三田キャンパス西校舎527教室

■プログラム:
<午前>
ワークショップ「少数話者(危機)言語・研究未開発言語研究の推進に向けて」
講師:大角翠氏(東京女子大学)、河内一博氏(防衛大学校)、呉人惠氏(富山大学)、長屋尚典氏(東京外国語大学)
司会:長谷川明香(成蹊大学)

<午後>
シンポジウム「世界の言語の多様性―言語の消滅と保存―」
講演 梶茂樹氏(京都産業大学客員教授、日本言語学会前会長)(14:10~15:00)
講演 松浦晃一郎氏(前ユネスコ事務局長)(15:10~16:00)
司会 井上逸兵(慶應義塾大学)

■主催:NPO法人地球ことば村・世界言語博物館
■共催:日本言語学会、慶應言語教育研究フォーラム

詳細・お申込み