メニュー
教科書採用
くろしお出版SNS
書籍検索
学会・研究会情報
特集コンテンツ
 くろしお出版web 近刊情報RSS
 くろしお出版web 新刊情報RSS
情報 :  【ワークショップ案内】「構文の意味をめぐって ―日本語研究と構文理論の接点―」10月6日、神戸市西区 ユニバープラザにて
投稿者: admin2 投稿日時: 2012-8-8 11:17:38 (1725 ヒット)

公開ワークショップ
構文の意味をめぐって ―日本語研究と構文理論の接点―

■日時:10月6日(土)13:00-17:00
[開場(12:40-)]
[発表(13:00-15:30)]
[討議(15:50-17:00)]

■会場:大学共同利用施設(UNITY)セミナー室(3)
(神戸市西区学園西町1丁目1-1 ユニバープラザ2F) http://www.unity-kobe.jp/

■発表者・題目(発表順)

益岡 隆志(神戸市外国語大学)
「構文の構成的意味と派生的意味 ―日本語の恩恵構文をめぐって」

早瀬 尚子(大阪大学)
「懸垂分詞構文から対人関係機能へ ―懸垂分詞句の構文化」

天野 みどり(和光大学)
「様態・状況主格変遷構文 ―いわゆる接続助詞的な「のが」の文の意味解釈」

 コメント:本多 啓(神戸市外国語大学)

■参加無料・申し込み不要

■問合せ先:益岡隆志(神戸市外国語大学)
masuoka@gold.ocn.ne.jp (※を@に替えて送信してください)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
ことば・コミュニケーション