象は鼻が長い

三上章著作 
象は鼻が長い

日本文法入門

三上章[著]

価格
2,200円+税
ISBN
978-4-87424-117-2 C3081
発売日
1960/10/30
判型
B6
ページ数
272頁
ジャンル
日本語学 ― <三上章著作>
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

二重主語問題の代表的例文を書名に、鮮やかな変形操作と千以上の生きた例文を駆使し「ハ」の本質を明らかにしたベストセラー。現在の日本語学研究に海外にまで大きな影響をもたらした一冊。三上章の代表作。


<三上章著作>
■三上章
現代的観点からもその功績が高く評価され、時代を経て今なお脚光を浴びる三上章の研究。代表的な著作である『象・・・(全文を読む)は鼻が長い』をはじめ、その成果を整った形で刊行。完結(品切あり)。

関連情報

目次
序……サクマ カナエ

■第一章「ハ」の兼務
 1・Xハの両面
 2・無題化ということ
 3・Xガ
 4・Xヲ
 5・Xニ、Xデ
 6・T( )
 7・Xノx
 8・モノ
 9・雑例
 
■第二章「ハ」の本務
 1・題述の呼応
 2・ピリオド越え
 3・コンマ越え
 4・コレとソレ
 
■第三章「ハ」の周囲
 1・Xナラ
 2・Xモ、Xデモ
 3・X―
 
終わりに
 付録一、彼女ヲ好キナ彼
 付録二、近代論理学抄

増補―批判と反批判
 1・奥田書評
 2・その反論―日本人の言語意識
 3・初版の訂正
 
増補第二回
 1・日英文法の比較
 2・存在文の問題
 
初版の訂正

著者紹介