叙述類型論

叙述類型論

益岡隆志[編]

価格
2,800円+税
ISBN
978-4-87424-413-5 C3081
発売日
2008/6/10
判型
A5
ページ数
221頁
ジャンル
日本語学 ― 日本語学専門
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

日本語研究から言語研究への内発的発信。「属性」「主題性(提題性)」「時間性」「類型の相互関係」のキーワードで叙述の類型を考察。益岡隆志/影山太郎/岩男考哲/眞野美穂/江口清子/砂川有里子/唐沢穣/菅さやか

関連情報

目次
■第1部 導入編
叙述類型論に向けて   益岡隆志

■第2部 論文編
属性叙述と語形成   影山太郎
「って」提題文の表す属性と使用の広がり   岩男考哲
状態述語文の時間性と叙述の類型   眞野美穂
事象叙述述語による属性叙述―ハンガリー語動詞過去分詞形による名詞修飾を通して―   江口清子
事象叙述の有題文と無題文―自然会話を用いたケーススタディ―   砂川有里子
対人認知の心理過程と言語表現   唐沢穣・菅さやか

■第3部 研究史
叙述類型研究史(国内編)   岩男考哲
叙述類型研究史(海外編)   眞野美穂
著者紹介
(論文掲載順)

益岡隆志(神戸市外国語大学)

影山太郎(関西学院大学)

岩男考哲(大阪大学非常勤講師)

眞野美穂(関西看護医療大学)

江口清子(神戸市外国語大学国際交流センター)

唐沢 穣(名古屋大学)

菅さやか(日本学術振興会・神戸大学)