Voices from Japan サンプルページを見る サンプル音声を聴く

  • 中級
  • 中上級
  • 上級
  • 会話
  • 聴解
  • 英語

Voices from Japan

ありのままの日本を知る・語る

永田由利子[著]
価格
1,800円+税
ISBN
978-4-87424-453-1 C0081
発売日
2009/10/10
判型
B5
ページ数
106頁 + 音声CD 1枚
重量
311g
ジャンル
日本語教材 ― その他の日本語教材
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス

著者が日本全国を周り、大学生、留学生、フリーター、漁師、在日韓国人等々、年齢、性別、職業、国籍様々な人のリアルな声を集めた新しいタイプのディスカッション用素材集。現代社会における多くの社会問題や課題、価値観など、41のストーリーを通して考え語り合う。

追加情報

目次
[テーマ1]人生について、働くことについて
~LIFE & WORK~
Story 1 :何のために稼ぐのか
Story 2 :ごく普通に平凡に
Story 3 :夏休みは徹底的にバイト
Story 4 :寝ない日が二日ぐらいあることも
Story 5 :何が普通なのや
Story 6 :ささやかな夢
Story 7 :好きでホームレスやっていないよ

[テーマ2]家族について
~FAMILY~
Story 7 :家族が一番大事
Story 8 :母だけにカムアウト
Story 9 :鍵っ子多かったです
Story 10:もう家族との暮らしには戻れない

[テーマ3]結婚について
~MARRIAGE~
Story 12:結婚は遅くていいかな
Story 13:補える関係がいいですよね。
Story 14:全部50:50で
Story 15:結婚後の苗字は?

[テーマ4]教育について
~EDUCATION~
Story 16:躾は先生より先輩から
Story 17:学級崩壊までは行かなかったけど
Story 18:大学4年間で私は何を
Story 19:学生らしい学生
Story 20:厳しい受験勉強

[テーマ5]言葉について
~LANGUAGE MATTERS~
Story 21:カワイイって言いすぎ
Story 22:曖昧表現とかいっぱい
Story 23:最近はもう全部メールで
Story 24:嫌いな言葉
Story 25:訛ったほうがいいよ

[テーマ6]若者と社会
~YOUTH & SOCIETY~
Story 26:高校生なのに
Story 27:誰の責任?
Story 28:キレる時ありましたよ、俺。
Story 29:死ぬ前にやめてよかったス
Story 30:まわりの目があるから
Story 31:一個ももらえなかったことあった
Story 32:男だってきれいになりたいし
Story 33:言うだけっていう感じ

[テーマ7]文化の狭間で
~BETWEEN CULTURES~
Story 34:先入観に縛られないで欲しいなあ
Story 35:日本と韓国がミックス
Story 36:うまくコミュニケーションとれない
Story 37:「ちょっとならいいじゃん」って言わないで

[テーマ8]地域について
~COMMUNITY~
Story 38:Uターンで戻って
Story 39:島に残った人は10人ぐらい
Story 40:ゴミの島とか言われて
Story 41:売れんようなってしもうた
著者紹介
永田 由利子(ながた ゆりこ)

1949年神奈川県川崎市生まれ。71年、明治学院英文科卒、73年米国インディアナ州立大学応用言語学修士課程留学、75年同大学修士号取得。80年オーストラリアに永住。93年、オーストラリアアデレード大学博士(歴史)を取得、現在オーストラリア、クイーンズランド大学言語比較文化学科シニア・レクチャラー(日本語教育)。

【著書】

Unwanted Aliens:Japanese Internment in Australia during WW2,University of Queensland Press,1996

『オーストラリア日系人強制収容の記録』高文研,2002

Navigating Boundaries:The Asian Diaspora in Torres Strait,共著 Anna Shunukal and Guy Ramsay,2004

Japanese Queenslanders:a history,Bookpal,2007

「日本語教材 ― その他の日本語教材」の他の本