学会・研究会情報

中国語話者のための日本語教育研究会 第37回研究会

日時: 2016年11月12日(土)
場所: 首都大学東京 南大沢キャンパス 本部棟1階 大会議室

■プログラム
12:30 受付開始
13:00~13:40 「中国語「既然」から見た日本語の論理体系」 西畑 美香(一橋大学大学院生)
13:40~14:20 「中国人日本語学習者の対のある自他動詞の使い分けについて ―動作主の不注意による対象の変化を表す場合―」 姚 莎莎(昭和女子大学大学院生)
14:20~15:00 「日中における「ほめの返答」と「褒め手の印象度」についての比較研究」 孟 小渓(横浜国立大学大学院生)
(休憩 15:00~15:20)
15:20~16:00 「日本語のテ形に関する日中対照研究―中国語話者向けの日本教育文法の視点から―」 村松 由起子(豊橋技術科学大学)
16:00~16:40 「中国語話者の情報検索に見られる問題点―キーワード使用を中心に―」 于 凌越(東北大学大学院生)
16:40~17:20 「日中感謝表現の解釈フレームとコンテクスト化の慣習 ―なぜ「このあいだはありがとう」が誤解の原因になるのか―」 市原 明日香(お茶の水女子大学大学院生)
18:00ごろ 懇親会(南大沢駅周辺にて)

■参加費無料、事前申込不要

 → 詳細(PDF)