社会言語学の展望

社会言語学の展望

真田信治[編]

価格
2,200円+税
ISBN
978-4-87424-345-9 C3081
発売日
2006/3/18
判型
A5
ページ数
262頁
ジャンル
言語学 ― 社会言語学入門
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス

社会言語学とはどういう学問なのか。これまでどのような問題に取り組み、どのような成果を上げてきたのか。現在どのような課題を残しているのか。第一線で活躍する研究者によって書き下ろされた、新しい社会言語学入門。

関連情報

目次
序章



第1章 言語変種

 ◇章の概要

 1-1 属性とことば

 1-2 場面とことば



第2章 言語行動

 ◇章の概要

 2-1 ことばのリテラシー

 2-2 ことばの切換え



第3章 言語生活

 ◇章の概要

 3-1 生活とことば

 3-2 民俗社会とことば



第4章 言語接触

 ◇章の概要

 4-1 方言接触

 4-2 多言語との接触



第5章 言語変化

 ◇章の概要

 5-1 音の変化

 5-2 文法・語彙の変化



第6章 言語意識

 ◇章の概要

 6-1 ことばのイメージ

 6-2 ことばとアイデンティティ



第7章 言語習得

 ◇章の概要

 7-1 幼児語

 7-2 中間言語



第8章 言語計画

 ◇章の概要

 8-1 国語政策

 8-2 日本語政策



索引

あとがき
著者紹介
◆編者

真田 信治(さなだ・しんじ)

 1946年富山県東礪波郡上平村(現在の南砺市)生まれ。金沢大学卒、東北大学大学院修了。文学博士(大阪大学)。大阪大学大学院教授を経て、現在、奈良大学教授、国立国語研究所客員教授。 著書に『地域語への接近―北陸をフィールドとして―』(秋山書店1979年)、『地域言語の社会言語学的研究』(和泉書院1990年)、『地域語のダイナミズム』(おうふう1996年)、『方言は絶滅するのか―自分のことばを失った日本人―』(PHP研究所2001年)、『方言の日本地図―ことばの旅―』(講談社2002年)など。