新版  推論と照応

近刊

新版 推論と照応

照応研究の新展開

山梨正明[著]

価格
2,700円+税
ISBN
978-4-87424-750-1 C3081
発売日
2017/11/29
判型
A5
ページ数
192頁
ジャンル
言語学 ― 認知言語学入門
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス

再版が待ち望まれていた『推論と照応』(1992年刊行、累計第4刷)が15年ぶりに復刊。認知言語学に関わる照応研究の動向を論じた50頁に渡る論考「照応研究の新展開─認知的パースペクティヴ─」も加え、久しぶりの方にも、新しい読者にも刺激ある1冊に。

関連情報

目次
目 次


推論と照応

1. 序 章
2. 語用論的推論と照応現象
3. 談話・テクストの主観性と照応
4. 間接照応と認知プロセス
5. レトリックと照応現象
6. 終 章


照応研究の新展開

1.  はじめに
2. 一般的認知能力と言葉の創発性
3. 参照点起動の推論能力
4. 参照点能力と照応現象
5. 間接照応と参照点モデル
6. メトニミー照応と連想のプロセス
7. プロファイル・シフトと間接照応
8. テクスト・レベルのオンライン照応
9. 話題のシフトとテクスト・レベルの照応
10. 結語と展望
著者紹介
山梨 正明(やまなし まさあき)
静岡県生れ
ミシガン大学大学院博士課程修了(言語学、Ph.D.)
京都大学名誉教授、関西外国語大学教授
日本語用論学会元会長、認知言語学会元会長

[主要著書]
『生成意味論研究』(開拓社、1977、市河三喜賞)
『発話行為』(大修館書店、1986)
『比喩と理解』(東京大学出版会、1988)
『推論と照応』(くろしお出版、1992)
『認知文法論』(ひつじ書房、1995)
『認知言語学原理』(くろしお出版、2000)
『ことばの認知空間』(開拓社、2004)
『認知構文論』(大修館書店、2009)
『認知意味論研究』(研究社、2012)
『修辞的表現論』(開拓社、2015)
『自然論理と日常言語』(ひつじ書房、2016)

[監訳]
R.W.ラネカー『認知文法論序説』(研究社、2008)

[主要編著]
『講座 認知言語学のフロンティア』(Vol.1(2007)〜Vol.14(2009)、研究社)
『認知言語学論考』(No.1(2001)〜No.14(2016)、ひつじ書房)
『現代言語学の潮流』(勁草書房、共編、2003)

[海外編著]
Cognitive Linguistics.(Vol.1〜Vol.5) Edited by M.Yamanashi,
 London: Sage Publications, 2016.