現代日本語文法2

現代日本語文法2

第3部格と構文 第4部ヴォイス

日本語記述文法研究会[編]

価格
2,800円+税
ISBN
978-4-87424-460-9 C3081
発売日
2009/11/10
判型
A5
ページ数
336頁
ジャンル
日本語学 ― <現代日本語文法>
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

日本語表現についての疑問に、文法的見地から網羅的・体系的に答えるシリーズの第6回配本。文構造の中核をなす格の組み合わせでできる文型・構文を扱い,意味的な格を取り出して分析,格に関係が深いヴォイスの現象も考察した。


<現代日本語文法>
■日本語記述文法研究会 編
日本語文法研究の気鋭の執筆陣が、日本語文法の細目を詳解する。日・・・(全文を読む)本語の文法現象について調べたいこと、知りたいことがわかる、網羅的で体系的な参照文法シリーズ。全7巻(完結)。

関連情報

目次
第3部 格と構文

■第1章 格と構文の概観
  第1節 格
  第2節 文型
  第3節 自動詞・他動詞
■第2章 さまざまな格
  第1節 主体を表す格
  第2節 対象を表す格
  第3節 相手を表す格
  第4節 場所を表す格
  第5節 着点を表す格
  第6節 起点を表す格
  第7節 経過域を表す格
  第8節 手段を表す格
  第9節 起因・根拠を表す格
  第10節 時を表す格
  第11節 そのほかの格
■第3章 名詞をつなぐ助詞
  第1節 連体助詞
  第2節 並列助詞
■第4章 補助動詞構文
  第1節 補助動詞構文とは
  第2節 「てある」
  第3節 「てあげる」「てくれる」「てもらう」
  第4節 「てくる」「ていく」
  第5節 「てしまう」
  第6節 「てみる」
  第7節 「てみせる」
  第8節 「ておく」
■第5章 さまざまな構文
  第1節 さまざまな構文とは
  第2節 難易構文
  第3節 比較・程度構文
  第4節 認識動詞構文
  第5節 変化構文
  第6節 所在構文
  第7節 付帯状況構文
  第8節 数量構文
■第6章 あり方の副詞的成分
  第1節 あり方の副詞的成分とは
  第2節 様態を表す副詞的成分
  第3節 結果を表す副詞的成分
  第4節 程度を表す副詞的成分
  第5節 量を表す副詞的成分

第4部 ヴォイス

■第1章 ヴォイスの概観
  第1節 ヴォイスとは
  第2節 ヴォイスの分類
■第2章 受身
  第1節 受身とは
  第2節 受身文のタイプ
  第3節 直接受身文
  第4節 間接受身文
  第5節 持ち主の受身文
  第6節 使役受身文
  第7節 受身に関連する表現
■第3章 使役
  第1節 使役とは
  第2節 使役文のタイプ
  第3節 被使役者の表し方
  第4節 使役と他動詞
■第4章 ヴォイスと関連する構文
  第1節 可能構文
  第2節 自発構文
  第3節 相互構文
  第4節 再帰構文 

著者紹介