道を歩けば前置詞がわかる

道を歩けば前置詞がわかる

宗宮喜代子/石井康毅/鈴木梓/大谷直輝[著]

価格
1,400円+税
ISBN
978-4-87424-400-5 C1028
発売日
2007/12/1
判型
四六
ページ数
184頁
ジャンル
英語教育・英語学習 ― 英語学習
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

「英語前置詞は苦手」というあなたへ。前置詞の多くは生活空間での動きや位置関係を表すもので、理屈でなく五感を駆使してイメージを浮かべれば難しくない。前置詞を「体感」してネイティブ英語に近づこう。

関連情報

目次
序 章 前置詞のパワー

第1章 道を歩けば前置詞が見える
 1.1 大地に立つ:on
 1.2 ゴールに向かって一直線:to
    MEMO:不定詞のtoは前置詞だった
 1.3 1歩、踏みだす:over
 1.4 今はここに:at
    MEMO:西欧の直線思考
 1.5 歩く人のまわりに:byとwith
 1.6 行く先:up とdown

第2章 垂直と水平の広がり
 2.1 「身を起こす」から「創造」へ: up
 2.2 upとdownのアンバランス
 2.3 出ていくout、出てくるout
 2.4 inとoutのアンバランス

第3章 ネイティヴの前置詞感覚
 3.1 イメージをつけ足す
 3.2 英語的な見方を織り込む
 3.3 日本語の発想を使う

第4章 非空間の「大物」前置詞
 4.1 頭の中を照らす:of
 4.2 別世界をほのめかす:for
    MEMO:レシピの英語から

第5章 ことばの文化の「隠し味」
 5.1 映画、小説の原題に潜むもの
 5.2 ひとことに込めた思い
 5.3 侘寂(わびさび)古今東西
著者紹介
宗宮 喜代子(そうみや・きよこ) 東京外国語大学大学院 国際学研究院 教授

石井 康毅(いしい・やすたけ) 成城大学 社会イノベーション学部 准教授

鈴木 梓(すずき・あずさ) 韓国国際大学校 観光日語学科 教授

大谷 直輝(おおたに・なおき) 埼玉大学 英語教育開発センター 助教