日本語教育のためのコーパス調査入門

品切

日本語教育のためのコーパス調査入門

李在鎬/石川慎一郎/砂川有里子[著]

価格
1,800円+税
ISBN
978-4-87424-560-6 C1081
発売日
2012/8/29
判型
A5
ページ数
248頁
ジャンル
日本語教育 ― 日本語教師参考書
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス

「これならできる!」。日本語教育での活用を前提に、コーパスの概念的紹介から具体的なコーパスの例・分析方法・作り方まで一通りをカバー。専門的背景やパソコンの知識を前提にせず説明用語を選択。他書に頼らず読み進められる。

関連情報

目次
第1章 コーパスを知る



第1部 日本語均衡コーパスの活用



第2章 「現代日本語書き言葉均衡コーパス」入門

第3章 「現代日本語書き言葉均衡コーパス」を用いた言語調査入門1

第4章 「現代日本語書き言葉均衡コーパス」を用いた言語調査入門2



第2部 教材コーパスの構築と活用



第5章 教材コーパスの構築

第6章 教材コーパスの活用-テキストエディタの活用-

第7章 教材コーパスの活用-形態素解析-

第8章 教材コーパスの処理1-Excelを用いた語彙表の作成-

第9章 教材コーパスの処理2-Excel関数の利用-



第3部 学習者コーパスの構築と活用



第10章 学習者コーパスを知る

第11章 学習者コーパスの構築

第12章 学習者コーパスの検索-Excelを用いた「タグ付KYコーパス」-



第4部 日本語教育とコーパス



第13章 日本語教育支援としてのコーパス

第14章 コーパスでかわる日本語教育
著者紹介
李 在鎬(り・じぇほ)

韓国生まれ。京都大学大学院人間環境学研究科(博士課程)修了,博士(人間環境学)。現在、筑波大学人文社会系・准教授。専門は認知言語学,コーパス言語学。

著書に『認知言語学への誘い:意味と文法の世界』(開拓社,2010),『コーパス分析に基づく認知言語学的構文研究』(ひつじ書房,2011),『認知言語学研究の方法:内省・コーパス・実験』(共編著,ひつじ書房,2011)など。



石川慎一郎(いしかわ・しんいちろう)

神戸市生まれ。神戸大学文学部卒業,神戸大学大学院文学研究科(修士課程)修了,岡山大学大学院文化科学研究科(博士後期課程)修了,博士(文学)。現在,神戸大学国際コミュニケーションセンター/国際文化学研究科外国語教育論講座・准教授。専門は応用言語学。著書に『英語コーパスと言語教育:データとしてのテクスト』(大修館書店,2008),『言語研究のための統計入門』(共編著,くろしお出版,2010),『ベーシックコーパス言語学』(ひつじ書房,2012)など。



砂川有里子(すなかわ・ゆりこ)

東京生まれ。国際基督教大学卒業,大阪外国語大学外国語学科(修士過程)修了。博士(言語学)。現在,筑波大学人文社会系・教授。専門は日本語学,日本語教育。著書に『日本語文型辞典』(共編著,くろしお出版,1998),『文法と談話の接点:日本語の談話における主題展開機能の研究』(くろしお出版,2005),『日本語教育研究への招待』(共編著,くろしお出版,2010)など。