日本語を教えるための教授法入門

近刊

日本語を教えるための教授法入門

深澤のぞみ/本田弘之[編著] 飯野令子/笹原幸子/松田真希子[著]

定価
1,980円(1,800円+税)
ISBN
978-4-87424-882-9 C0081
発売日
2021/12/21
判型
A5
ページ数
184頁
ジャンル
日本語教育 ― 日本語教師参考書
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

日本語教授法における教育理念や知識を理解し、授業でどのように実践するかまで、手順をおって学べる。日本語教師養成課程の教科書として、また自分とクラスの個性に合わせた教授法を模索する人に。具体的な日本語の教え方が満載。

■「はじめに」より
本書は、日本語教育の方法を学びはじめた人のために書かれました。具体的には、すでに日本語教育・・・(全文を読む)の概要と日本語学(言語としての日本語)についての授業や講座を修了し、これから具体的な教え方を学ぼうとしている方が対象です。日本語教師が学習者にどんな「教え方」をすればよいかを理解して、さらに自分の個性と自分が担当するクラスの学習者に合わせて自分自身の「教授法」を考えていける教師になることを目標にしています。

関連情報

目次
第1章 日本語教育とは、日本語教師とは何かを考えよう
 コラム1 日本の日本語教育はガラパゴス?

第2章 日本語の知識と実践への生かし方を考えよう
 コラム2 正しい日本語とつながる日本語

第3章 教授法の変遷と日本語教育の教材を知ろう
 コラム3 いろいろな教え方を学び、先輩の先生方と対話しよう

第4章 初級の教え方を考えよう 「導入」から「基本練習」へ
 コラム4 手で書く練習は不要か

第5章 初級の教え方を考えよう 「状況練習」から「統合的な練習」へ
 コラム5 ビジターセッション

第6章 初級から中級の教え方を考えよう
 コラム6 CEFR の複言語・複文化主義と日本語教育

第7章 中級から上級、レベル別の教え方を考えよう
 コラム7 スピーチと日本語教育

第8章 技能別の教え方を考えよう
 コラム8 日本語と読解法

第9章 テストの目的と作り方を考えよう
 コラム9 テストと評価基準

第10章 評価の全体像を考えよう
著者紹介
深澤 のぞみ(ふかさわ のぞみ)
金沢大学人間社会学域国際学類教授。

本田 弘之(ほんだ ひろゆき)
北陸先端科学技術大学院大学教授。

飯野 令子(いいの れいこ)
常磐大学人間科学部准教授。

笹原 幸子(ささはら さちこ)
金沢大学国際機構特任助教。

松田 真希子(まつだ まきこ)
金沢大学融合研究域融合科学系教授。