謎解きの英文法 助動詞

新刊

謎解きの英文法 助動詞

久野暲/高見健一[著]

定価
1,650円(1,500円+税)
ISBN
978-4-87424-886-7 C1082
発売日
2022/1/24
判型
四六
ページ数
224頁
ジャンル
英語教育・英語学習 ― <謎解きの英文法>
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

シリーズ完結。Can you …? は Would you …? より丁寧な依頼表現か? will と be going to の違いは? 著者の一人がハーバード大学で教鞭をとるようになったエピソードも。


<謎解きの英文法>
■久野暲/高見健一
英文法で不思議に思われること、これまで教わってきたことが実は間違っているという・・・(全文を読む)ような現象を取り上げ、ネイティヴ・スピーカーの用法を明らかに。大学生から社会人、英語のプロまで目から鱗のシリーズ。

関連情報

目次
第1章  未来事象を表わす4つの表現
―特に、will と be going to の違いはどこから来るか?ー
コラム① ファーストネームとその短縮形(愛称)

第2章  Will you …? は指示・命令表現か?
第3章  Can you …? は Would you …? より丁寧な依頼表現か?
コラム② 渡米前―偶然が生んだ2つの出来事―
コラム③ 渡米後―言語自動処理システム―

第4章  Used to と would はどこが違うのか?
第5章  Can, may, must の不思議―肯定文と疑問文での不適格性―
コラム④ 無生物主語構文

第6章  *I could catch the bus yesterday. は不適格、
I could see the moon last night. は適格なのはなぜか?
第7章  Be 動詞は本動詞か、助動詞か?
コラム⑤ ボストンの大学教授三人の引退後

補章  John hid the book behind himself. と
John hid the book behind him. はどこが違うのか?
コラム⑥ 絵画名詞句内の再帰代名詞
著者紹介
久野 暲(くの・すすむ)
1964年にハーバード大学言語学科Ph.D.を取得し、同学科で40年間教鞭をとる。現在、ハーバード大学名誉教授

高見 健一(たかみ・けんいち)
1990年に東京都立大学文学博士号を取得し、静岡大学、東京都立大学を経て、学習院大学文学部教授