命題の文法

品切中(プリント・オンデマンド版有)

命題の文法

日本語文法序説

益岡隆志[著]

価格
4,500円+税
ISBN
978-4-87424-020-5 C3081
発売日
1987/2/20
判型
A5
ページ数
248頁
ジャンル
日本語学 ― 日本語学専門
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

サブタイトル「日本語文法序説」にもあるように著者が本格的に日本語文法研究をはじめた8年間の成果をまとめた。研究論文12編を掲載。日本語文法のさまざまな懸案への解答。

関連情報

目次
第1部 叙述の類型をめぐって

第1章 叙述の類型

第2章 叙述の類型と文の構造

第3章 総主文の文法



第2部 述語句の基本的構成をめぐって

第1章 述語句の基本的構成

第2章 意味役割と格の対応

第3章 述語と項の意味的依存関係における階層性

第4章 属性叙述補足語と認識動詞構文



第3部 ヴォイス

第1章 ヴォイスの概念

第2章 受動表現の意味分析



第4部 アスペクト

第1章 他動表現のアスペクト

第2章 テアル表現の意味領域
著者紹介
益岡 隆志(ますおか たかし)

1950年,岡山市生まれ。

1974年,大阪外国語大学外国語学部英語学科卒業。

1976年,同大学院外国語学研究科修了。

現在,神戸市外国語大学教授。