日本語文法 12巻2号

日本語文法 12巻2号

日本語文法学会[編集・発行]

価格
3,500円+税
ISBN
978-4-87424-567-5 C3381
発売日
2012/9/30
判型
A5
ページ数
248頁
ジャンル
日本語学 ― <日本語文法>
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

特集「複文研究の一視点―時間と様相の相互作用―」。鈴木泰/長谷川信子/有田節子/田窪行則/丹羽哲也/飯嶋肇/高恩淑/宮田公治/葉秉杰/鈴木彩香/岩男考哲/久保田一充/秋田喜美


<日本語文法>
■日本語文法学会 編集・発行
日本語文法研究の進展と研究者の育成を図ることを目的として2000年に発足した日本語文法学会の学会誌。3・・・(全文を読む)月末と9月末の年2回刊行(継続中)。学術機関向けの電子書籍版も販売中。

関連情報

目次
【特集】複文研究の一視点―時間と様相の相互作用―
日本語史における条件=時間=理由関係の表現方法とムード・テンスの変化
鈴木 泰

現代版「係り結び」としてのト条件節構文:CP構造における従属節と主節の呼応
長谷川 信子

複文研究の一視点:時制とモダリティの接点としての既定性
有田 節子

時間の前後関係としての日本語テンス・アスペクト
田窪 行則

【研究論文】
連体修飾節構造における相対補充と内容補充の関係
丹羽 哲也

代用表現専用形式としての形式名詞「やつ」
飯嶋 肇

「動詞の意志性」を問う:可能形式との関わりを中心に
高 恩淑

評価文副詞「~ことに」の制約:事柄の評価に関わる形容詞類の類型
宮田 公治

用法基盤モデルによる[[X]動詞連用形]複合語の生産性に関する考察:付加詞複合語と解釈されるものを例に
葉 秉杰

日本語オノマトペ述語の形式について:スル・シテイル・ダの選択基準を中心に
鈴木 彩香

「と言う」の条件形を用いた文の広がり
岩男 考哲

「息子は明日運動会がある」構文:「予定」を表す「象は鼻が長い」構文の変種
久保田 一充

【書評論文】
鍋島弘治朗著『日本語のメタファー』
秋田 喜美

著者紹介