日本語文法 21巻1号

新刊

日本語文法 21巻1号

日本語文法学会[編集・発行]

定価
3,850円(3,500円+税)
ISBN
978-4-87424-859-1 C3381
発売日
2021/4/13
判型
A5
ページ数
170頁
ジャンル
日本語学 ― <日本語文法>
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

学会誌『日本語文法』21巻1号。山田昌裕/永澤済/徐敏徹/佐伯暁子/白川稜/ARISAKA Kenji。「チュートリアル」(庵功雄)も掲載。


<日本語文法>
■日本語文法学会 編集・発行
日本語文法研究の進展と研究者の育成を図ることを目的として2000年に発足した日本語文法学会の学会誌。3月末と9月末の年2回刊行(バックナ・・・(全文を読む)ンバーあり)。学術機関向けの電子書籍版も販売中。

関連情報

目次
【研究論文】
特集 コーパス

無助詞名詞句の格と運用法:平安期鎌倉期の実態より
山田 昌裕

「Xノタメニ」受身文の残存と衰退:近現代コーパスからみる
永澤 済

ウェブ検索による日本語研究の方法と可能性:用例検索のための検索演算子の活用
徐 敏徹
(「特集 コーパス」は以上)

現代語における状況を表す「~(の)下を」について
佐伯 暁子

終助詞「や」の機能と独り言性に関する検討:認識即応性の観点から
白川 稜

On the Structure of the No De (Wa) Nai Construction
ARISAKA Kenji

【チュートリアル】
第2回 文法研究の手段としてのコーパス
庵 功雄

著者紹介