日本語文法 20巻2号

近刊

日本語文法 20巻2号

日本語文法学会[編集・発行]

価格
3,500円+税
ISBN
978-4-87424-843-0 C3381
発売日
2020/10/14
判型
A5
ページ数
206頁
ジャンル
日本語学 ― <日本語文法>
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

学会誌『日本語文法』20巻2号。上山あゆみ/小西いずみ/前田直子/宮地朝子/大塚貴史/全弘起/三好優花/氏家啓吾・萩澤大輝/劉怡伶/松岡葵


<日本語文法>
■日本語文法学会 編集・発行
日本語文法研究の進展と研究者の育成を図ることを目的として2000年に発足した日本語文法学会の学会誌。3月末と9月末の年2回刊行(継続中)。・・・(全文を読む)学術機関向けの電子書籍版も販売中。

関連情報

目次
【設立20周年記念特集 日本語文法研究のこれから】
これからの生成文法研究:20世紀の生成文法研究の遺産をどう生かすべきか
上山 あゆみ

終助詞が表す意味とはどのようなものか:終助詞の方言間対照から見えてくること
小西 いずみ

条件表現4形式使い分けルールの簡略化:日本語教育のための日本語研究をめざして
前田 直子

副助詞類の史的展開をどうみるか:これからの文法史研究
宮地 朝子

【研究論文】
副詞「決して」の意味:条件的関係の不成立と非一回性
大塚 貴史

「~かと思う」構文の体系:下位タイプの種類と相互関係
全 弘起

日本語母語話者は「(よ)うと思う」をいつ使うのか:日本語教育の観点から
三好 優花

「思い出したように」について
氏家 啓吾・萩澤 大輝

視点を表す複合表現:「カラスルト」「カラカンガエルト」「カラミルト」を中心に
劉 怡伶

日琉諸方言における心情述語文の格フレーム:意味的結合価・意味役割・述語の品詞に着目して
松岡 葵

著者紹介