活用論の前線

活用論の前線

三原健一/仁田義雄[編]

価格
3,400円+税
ISBN
978-4-87424-571-2 C3081
発売日
2012/11/15
判型
A5
ページ数
232頁
ジャンル
日本語学 ― 日本語学専門
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

日本語学および理論言語学の視点に基づき書かれた論文集。各執筆者が各々の方法論で論を展開しているため、活用論には多様な方法があり得ることを実感できる。日本語の活用論が活性化することを意図して編まれた書。

関連情報

目次


語と語形と活用形
仁田 義雄

日本語動詞の活用・再訪
益岡 隆志

動詞の活用論から述語の構造論へ
―日本語を例とした拡大活用論の提案―
野田 尚史

テ形節の意味と統語
吉永 尚

活用形から見る日本語の条件節
三原 健一

活用形の形態論,統語論,音韻論,通時
西山 國雄

分散形態論を用いた動詞活用の研究に向けて
―連用形の分析における形態統語論的問題―
田川 拓海

執筆者一覧
著者紹介
仁田義雄(にった・よしお)

大阪大学名誉教授



益岡隆志(ますおか・たかし)

神戸市外国語大学教授・国立国語研究所客員教授



野田尚史(のだ・ひさし)

国立国語研究所教授



吉永 尚(よしなが・なお)

園田学園女子大学准教授



三原健一(みはら・けんいち)

大阪大学大学院教授



西山國雄(にしやま・くにお)

茨城大学准教授



田川拓海(たがわ・たくみ)

筑波大学助教



(論文掲載順)