文と事態類型を中心に

文と事態類型を中心に

仁田義雄[著]

価格
4,600円+税
ISBN
978-4-87424-709-9 C3081
発売日
2016/10/18
判型
A5
ページ数
384頁
ジャンル
日本語学 ― 日本語学専門
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

関連情報

目次
第一部 文とモダリティを中心に
第1章 文について
第2章 文の種類をめぐって
第3章 モダリティについて
第4章 述語をめぐって

第二部 命題の意味的類型との関わりにおいて
第5章 命題の意味的類型への概観
第6章 状態をめぐって
第7章 属性を求めて
第8章 形容詞文についての覚え書
第9章 名詞文についての覚え書
第10章 名詞の語彙−文法的下位種への一つのスケッチ

第三部 命題と文法カテゴリの相関をめぐって
第11章 事態の類型と未来表示
第12章 モダリティと命題内容との相関関係をめぐって
著者紹介
仁田 義雄(にった よしお)
関西外国語大学教授・大阪大学名誉教授。文学博士。
大阪府茨木市生れ。東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。
主要著書に,『語彙論的統語論』(1980,明治書院),
『日本語のモダリティと人称』(1991,ひつじ書房),
『副詞的表現の諸相』(2002,くろしお出版),
『ある近代日本文法研究史』(2005,和泉書院),
『仁田義雄日本語文法著作選』4巻(2009~2010,ひつじ書房)などがある。