観光言語を考える

新刊

観光言語を考える

山川和彦[編]

価格
2,400円+税
ISBN
978-4-87424-837-9 C1080
発売日
2020/6/25
判型
A5
ページ数
232頁
ジャンル
言語政策 ― 言語政策入門
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

外国人観光客が増える中、交通機関やホテルの多言語表示だけではもう間に合わない。「観光先進国」日本にふさわしい言語観とは。観光現場の言語対応、地域変容などを紹介し、「観光言語学」確立の可能性を探る。観光学に携わる人に。

■「はじめに」より
観光は非日常的な空間への移動をともなうため、そこでは必然的に異文化との接触、交流が生じま・・・(全文を読む)す。つまり、「観光」と「言語」が密接に関係してくるわけです。言語を用いたコミュニケーションの取り方、言語の社会性や言語を使う権利(言語権)などは、外国人、日本人の区別なく考えるべき観光と言語のテーマといえます。日本が観光先進国をめざし、観光を深化させていくには、この根源的な問題領域と向かい合う必要があるのです。このような思いから本書を企画し、観光現場に赴いて研究をされている方々にご執筆いただきました。
観光学とその関連領域に関わっている学生の皆さんに、そして日々観光の現場に立っている方々や、マネジメントをしている方々にとって、本書が日常の問題解決のヒントになればと願っております。

関連情報

目次
巻頭対談
日本の観光と多言語対応
ポール・ハガート(聞き手:山川和彦)

第1部 観光現場の言語に何が起こっているのか

第1章
言語景観とは何か ―まちにあふれる言語―
山川和彦・藤井久美子

第2章
観光地における言語対応 ―まちなかの取り組み―
藤田玲子・本田量久

コラム① 山と山旅のことば 橋内武

第3章
観光接触場面における日本語 ―人気旅館からの考察―
加藤好崇

第4章
タイ英語学習のすすめ ―観光コミュニケーションの考え方―
渡辺幸倫・宮本節子

第5章
観光と地域変容 ―ニセコ観光圏の事例―
山川和彦

コラム② 奄美大島の観光と言語 橋内武

第2部 観光を深化させる言語政策

第6章
観光政策と言語
山川和彦

第7章
外国語ガイドをとりまく現状と課題
田中直子・藤田玲子・森越京子

第8章
1964年東京オリンピックの言語政策遺産
藤井久美子

コラム③ ピクトグラムと文字情報 橋内武

第9章
観光と言語のバリアフリー
あべ やすし

第10章
海外における観光教育と言語
高民定・藤井久美子・山川和彦

コラム④ 学生の地域活動と観光 村田和代

第3部 観光言語の将来

第11章
観光資源としての言語 ―奄美から「戦争の記憶」まで―
橋内 武(聞き手:山川和彦)

第12章
観光言語学は成り立つのか ―移民言語から観光言語へ―
庄司博史(聞き手:藤井久美子・山川和彦)
著者紹介
山川 和彦(やまかわ かずひこ)
麗澤大学外国語学部教授。日本言語政策学会会長。筑波大学大学院地域研究研究科修了。西武百貨店旅行事業部、水戸芸術館を経て現職。専門は、観光と言語の関連領域研究、言語政策(イタリア・南チロルなど)。学生・留学生の観光インターンシップ、地域との連携実習を実践している。共著に『多言語主義社会に向けて』(くろしお出版)、『ヨーロッパ(講座世界の先住民族 ファースト・ピープルズの現在)』(明石書店)、『ウィーン・オーストリアを知るための57章[第2版]』(明石書店)などがある。