ことばと文字 14号

新刊

ことばと文字 14号

地球時代の日本語と文字を考える

公益財団法人日本のローマ字社[編集・発行]

定価
1,760円(1,600円+税)
ISBN
978-4-87424-049-6 C3381
発売日
2021/4/7
判型
A5
ページ数
221頁
ジャンル
日本語学 ― <ことばと文字>
オンライン書店
amazon.co.jp 楽天ブックス
リアル書店在庫
紀伊國屋書店 丸善・ジュンク堂書店・文教堂

特集「非流暢性」。定延利之/丸山岳彦/遠藤智子/伝康晴/舩橋瑞貴/趙南星/林良子/高木智世/串田秀也/黒嶋智美/林誠/森田笑/澤井雪乃


<ことばと文字>
■公益財団法人 日本のローマ字社 編集・発行
国際化時代に「日本語の未来と文字を考える」雑誌。特定の文字による日本語改革論を会員のみで述べあうのではなく、広くことばと文字・・・(全文を読む)をテーマとして議論を交わす場に。1~12号は年2回、13号以降は年1回刊行。2号以降は毎号特集あり(品切あり)。

関連情報

目次
【「特集」非流暢性】

流暢・非流暢を問わない文法研究
定延利之

自問発話の形式と機能
丸山岳彦

問わない「なに」─非流暢からの脱出装置
遠藤智子

〈こども〉のフィラー
伝 康晴

学習者の母語を考慮した非流暢性の教育
舩橋瑞貴/趙 南星

言語障害から見た流暢と非流暢の境界
林 良子

〈逸脱〉と〈資源〉としての非流暢性
高木智世/串田秀也/黒嶋智美/林 誠/森田 笑/澤井雪乃


【研究最前線】

東京裁判・法廷論争の中の言語問題〈2〉
高取由紀


【〈論考〉ことばのあるべき姿を求めて】

スペイン王立学士院(Real Academia Española)
 —スペイン語の規範と記述を追究する人々
福嶌教隆

和語のかながき前史
ゆもとしょうなん

漢字仮名交じり表記法の認知科学
辻 幸夫

医療用語の表記の問題点
三枝令子

Oxford Beginner's Japanese Dictionary の問題点
野々宮鮎美

村上春樹の『ノルウェイの森』は、韓国でなぜ『喪失の時代』と訳されたのか
姜 泰雄

ピーター・W・M・ブレイニー博士とシェイクスピア書誌学の展望
五十嵐博久

占領下の「日本人の読み書き能力調査」に関連する言説の検証(下)
茅島 篤


【エッセイ】

英語の綴り字をめぐる物語
寺澤 盾

長いs にご用心
小関武史


【ことばの教育の現場から】

小学校ローマ字教育の目ざすもの—教科書分析をもとに
大橋敦夫

神奈川県教育委員会による中国研修生招聘事業
 ─日本の地方自治体が取り組んだ中国の日本語教師養成
田中祐輔


【人とことば】

梅棹忠夫が実践した訓漢字ぬき表記
大島中正

ドナルド・キーンを30 歳にして日本文学史家たらしめた条件
 ─なぜ、日本留学前にJapanese Literature(1953)が書けたのか
河路由佳

著者紹介